シーシャって一体なに?

シーシャについてあまりよく知らないという方のために、今回はシーシャについて少しお話したいと思います。



シーシャとは

シーシャは、大ざっぱに言うと、タバコの一種です。


正確には喫煙器具である水パイプのことを指しており、分類としては水タバコに入れられます。


紙タバコは煙を直接吸うのに対して、シーシャの場合は、煙を一度水にくぐらせてからその煙を楽しむものとなっています。

水にくぐらせることでニコチンやタールなどの有害物質を濾過するため、紙タバコと比べると味や香りがマイルドになると言われています。


また、多くのシーシャには、タバコの葉だけではなく、果実や香料も混ぜ入れられているため、さまざまなフレーバーが楽しめるのも特徴の一つです。

フレーバーは数百種類あり、飽きずに楽しめるのも人気の理由です。


シーシャを吸うためには炭の準備や温度設定が必要で、個人でシーシャを楽しむには少し手間がかかりますが、「AIZIK」では、準備や設定等は全てスタッフが行うので、面倒な準備や後片付けは必要ありません


純粋にシーシャを吸う時間だけを満喫していただけるのが「AIZIK」の利点です。



シーシャを吸うのに年齢制限はあるの?

シーシャに使用される水パイプは、喫煙器具に当たります。


日本では、未成年者におる喫煙器具の所持や使用は違法とされているため、成人でなければシーシャを使用することはできません


中には、ニコチンフリーやタールフリーのシーシャもありますが、シーシャ自体が喫煙器具の一つに分類されるため、ニコチンフリーやタールフリーであったとしても、未成年は吸うことができません。


シーシャは成人になってから楽しむようにしましょう。



シーシャの楽しみ方

シーシャは、果実や香料などのフレーバーが付けられたタバコの葉を加熱し、その煙を水にくぐらせたものを吸います。


シーシャは、1台につき約1〜2時間、長いと3時間以上も楽しむことができるため、のんびりとリラックスしながらシーシャを味わうことができます


シーシャを吸うことだけでなく、シーシャを嗜みながら自分だけの時間を過ごしたり、好きな映画などを観たり、仲間との時間を共有したりと、その空間と時間を楽しむこと自体がシーシャを吸う醍醐味とも言えます。



日本でも人気になりつつあるシーシャ

近年では、日本でもシーシャが人気になりつつあり、シーシャ専門店やシーシャカフェもだんだん増えてきています。


自分だけの時間を楽しみたい方が増えていることはもちろん、シーシャには紙タバコのような独特な臭いが少ないことも、人気に拍車をかけている理由の一つです。


まだシーシャを吸ったことがないという方も、ぜひこの機会に、「AIZIK」でシーシャデビューをしてみてはいかがでしょうか。


皆様のお越しを、ぜひお待ちしております。